学部・学科・教育の特徴2年次選択コース

3つの専門コース(2年次選択)

食料産業学科では、2年次よりアグリ・ビジネス・フードの3つのコースに分かれそれぞれの専門的な知識・技術を学び・研究していきます。
他のコースの講義科目を履修することも可能で、コース配属後も共通課程とあわせて「食」「農」「ビジネス」の総合的な理解を深めることができます。

アグリコース

アグリコース(2年次選択コース)

環境にやさしく効率的においしく安全な作物をつくる

カリキュラム(2年次以降)
2年 3年 4年
栽培科学領域
栽培の理論と技術、新しい栽培法などについて学ぶ
専門基礎科目
▲肥料学▲農薬学概論 ▲植物遺伝学▲植物病理学

◎作物生産科学基礎実験・実習
専門科目
▲野菜園芸学▲土壌学▲果樹・鑑賞園芸学 ▲昆虫学▲有機栽培論▲農業気象学 ▲植物生理学▲植物育種学▲環境微生物学

◎栽培科学実験・実習◎卒業研究Ⅰ
◎植物分子科学実験・実習
◎卒業研究Ⅱ
◎卒業研究Ⅲ
卒業研究発表会
植物分子科学領域
環境や病原菌などに対する反応(生理・生態)を分子・遺伝子レベルから理解する

凡例:▲講義科目 ◎実験・実習・演習科目

「栽培科学領域」と「植物分子科学領域」から構成されます。植物・動物・微生物の生命体としての本質を学ぶとともに、良質で安全・安心な食材の生産や安定的に効率よく生産量を高めていくための基礎的な知識や技術を学びます。2年次には、基礎科目と専門基礎科目に加えて、3年次以降の実験・実習の内容をより効果的に修得するための基礎を学びます。3年次にはフィールド調査、室内での分析・解析実験を行い、野外調査・作物診断の方法やデータ解析法を修得します。卒業研究に必要な知識と技術をしっかりと身に付け、4年次には各自の研究に臨みます。

想定される卒業研究分野

栽培科学領域

野菜園芸

野菜園芸

野菜などの生理・生態的特徴を解明し、高品質・多収と環境配慮を調和させた新しい生産体系や食生活における野菜類の意義について研究を行う。

施設栽培

施設栽培

果樹、観賞植物を含む園芸作物を対象に、新品種やIoT技術の開発・導入や品質向上・コスト削減が可能な植物工場や施設園芸の新技術について研究を行う。

有機栽培

有機栽培

イネや野菜などを対象に、環境や生態系の保全にも配慮した、持続性の高い栽培技術の開発や有機栽培などの農業経営的特徴や将来性などについて研究を行う。

土壌・肥料

土壌・肥料

地域や世界の土壌の研究、新しい土壌診断・施肥設計技術開発、未利用資源の活用など、イネや野菜などの環境負荷の少ない持続性の高い農業について研究を行う。

生物環境

生物環境

環境に存在する生物や微生物の生態、地球・地域環境に及ぼす影響を解明し、環境にやさしい資源循環や微生物等の制御・利用について研究を行う。

植物分子科学領域

植物生理

植物生理

植物の窒素・炭素代謝、光合成、環境応答、環境ストレス耐性などについて個体から分子レベルまでの研究を行い、新しい栽培技術の開発に繋げる。

育種・遺伝

育種・遺伝

植物の機能性遺伝子の解明や作物の育種などについて分子・遺伝子レベルの研究や、高機能新品種の作出に繋がる研究を行う。

病理・微生物

病理・微生物

植物病原菌の種類や特徴、病気の伝播方法を解明し、診断法や農薬に頼らない新しい防除法について研究を行う。

最先端の食料産業の基盤になる農・食・生命を極める。担当教員/浅野 亮樹

農学基礎実習(アグリ系科目)

アグリコースでは、生物(いきもの)としての植物を知り、作物を育てるための知識や技術を学びます。植物の生命現象を深く理解するとともに、科学的根拠に基づいた判断力や農業の可能性、地域社会の将来性を追求する能力を身につけます。キャンパスのある胎内市は山、川、平地、海と農林水産業に必要な要素すべてが揃った、日本農業・農村の縮図とも言える場所。キャンパスを一歩出れば、そこは農の現場です。農業・農村に関する理解を深めることができます。自然と農業を体で感じながら、最先端の生物学や、日本の農業を先端産業に変身させる生産技術や新しいビジネスを広く学びましょう。

ビジネスコース

ビジネスコース

「つくる」と「食べる」をつなぎ、支える

カリキュラム(2年次以降)
2年 3年 4年
食産業学領域
食料産業に関わるビジネスや政策について学ぶ
専門基礎科目
▲統計学 ▲食料経済学 ▲マーケティング論

◎簿記・会計学演習
専門科目
▲現代経済論▲地域政策論▲農業ビジネス論▲地域計画論▲ミクロ経済学▲食品企業論▲商品企画・開発論▲eビジネス論▲市場調査論▲コーポレート・ファイナンス

◎食産業ビジネス演習Ⅰ ・Ⅱ◎卒業研究Ⅰ
◎卒業研究Ⅱ
◎卒業研究Ⅲ
卒業研究発表会
経営学領域
企業の活動に関わる経営手法や戦略について学ぶ

凡例:▲講義科目 ◎実験・実習・演習科目

「食産業学領域」と「経営学領域」から構成されます。経済学、経営学、情報学を軸に、マーケティングや流通をはじめとする幅広い分野に関して理解を深めます。2年次には、基礎科目と専門基礎科目に加えて、経営分析を実践する演習を行い、企業経営の安全性、収益性、成長性などの診断方法を身に付けます。3年次にはさらに専門性の高い知識を深めるとともに、地域や企業と連携した演習を通じて課題解決型のフィールドワークを展開します。また、卒業研究に必要な知識・技術を身に付け、4年次には各自の研究に臨みます。

想定される卒業研究分野

食産業学領域

食料経済

食料経済

食料問題や食料安全保障、食の安全性等の課題へ経済学的なアプローチを行う。

農業ビジネス

農業ビジネス

農業をビジネスとして展開していくため、生産現場の経営者が抱える課題、対処手法について研究を行う。

農村ビジネス

農村ビジネス

農村の持つ豊かな資源に着目し、その価値を高め住民の暮らしを維持・発展していくためのビジネスモデルについて研究を行う。

フードビジネス

フードビジネス

食の戦略として、マーケティングを基本とした売れる商品・仕組みづくりの普及・実践を進めます。また、新商品の開発や域外への販路拡大を実践する。

経営学領域

企業価値

企業価値

企業の社会的責任や事業継承を含め、食品企業の特性に応じた評価を通じて企業の価値を算出する。

会計

会計

企業のお金の動き、物品の管理について理解し、健全な経営について研究を行う。

ビジネスプラン

ビジネスプラン

社会からニーズを読み取り、実現性の高い新しいビジネスを構想・創造するための道筋を描く力を身に付ける。

マーケティング

マーケティング

消費者のニーズを満たし、効率的に商品を届けることができる方法・戦略について研究を行う。

ビジネスの力で食料産業を成長産業に!担当教員/鈴木 孝男

農学基礎実習(アグリ系科目)

ビジネスコースでは、食品産業と農業の可能性を追求していくために、フードチェーンを総合的に理解していくための広い視野を身につけます。また、消費者の期待に基づいて売れる商品を開発し、みなさんの食卓にお届けするマーケットインの仕組みを学んでいきます。こうした新しいビジネスの創造を通じて、農業や食品関連を職業とする方々の所得を増やし、若い世代が活躍できる地域社会の形成に貢献していきます。ビジネスコースの専門科目は主に新潟キャンパスで実施されます。長い時間をかけて食品産業が集積し豊かな農業基盤を育んできた新潟の地が、世界に誇れる都市に成長するようみなさんの力で磨きを掛けていきましょう。

フードコース

フードコース(2年次選択コース)

消費者の“食べる”ニーズにこたえ安全・安心なおいしさを届ける

カリキュラム(2年次以降)
2年 3年 4年
食品科学領域
食品の栄養・機能・成分について学ぶ
専門基礎科目
▲食品栄養学▲食品化学▲食品微生物学▲食品安全学▲食品製造学▲食品物性学▲科学Ⅰ▲科学Ⅱ

◎食品生産科学基礎実験・実習
専門科目
▲食嗜好科学▲微生物利用学▲食品分析学▲健康栄養学▲保蔵学▲環境技術学▲農産物利用学▲畜・水産物利用学▲食品安全管理システム論

◎食品科学実験・実習 ◎卒業研究Ⅰ ◎食品プロセス学実験・実習
◎卒業研究Ⅱ
◎卒業研究Ⅲ
卒業研究発表会
食品プロセス学領域
食品の利用・製造・品質について学ぶ

凡例:▲講義科目 ◎実験・実習・演習科目

「食品科学領域」と「食品プロセス学領域」から構成されます。食品に含まれる成分の生体機能について専門的知識を学ぶとともに、食品成分の特性を活かした食品の利用技術および製造・加工技術を学び、研究します。2年次には、基礎科目と専門基礎科目に加えて、3年次以降の実験・実習の内容をより効果的に修得するための基礎を学びます。3年次には化学実験・微生物実験や加工食品の製造工程・製造技術の実験・実習を通じて、卒業研究に必要な知識と技術をしっかりと身に付け、4年次には各自の研究に臨みます。

想定される卒業研究分野

食品科学領域

栄養・健康

栄養・健康

生体内での栄養素の代謝と生理的意義を理解し、健康の保持や増進、疾病の予防や治療における栄養の役割を明らかにする。

機能・評価

機能・評価

食品がもつ栄養機能・嗜好機能・生体調節機能の各視点から、食材や料理が有する潜在的な価値を見い出す。

成分・分析

成分・分析

食品中の機能性成分や残留農薬・アレルゲンの測定分析の精度向上や技術開発を通して、食の機能性や安全性を迅速かつ正確に評価する。

発酵・微生物

発酵・微生物

食品製造における微生物機能の利用という観点から、バイオテクノロジーを有効活用するための基礎・応用研究を行う。

食品プロセス学領域

素材・加工

素材・加工

食品素材中の様々な栄養成分の機能性を活かす新しい加工技術の開発と製品化への応用を目指す。

物性・保蔵

物性・保蔵

食品の加工・貯蔵中に生じる反応機構を物理・化学・生物学の観点から包括的に理解し、貯蔵性や嗜好性を高めた商品開発に繋げる。

安全・管理

安全・管理

食品の製造から流通過程に潜む多種多様なリスクの把握と、それらを適切に管理するシステムを構築し、食の安全を支える。

製造・環境

製造・環境

食品の製造から消費過程で排出する廃棄物の種類、特性、排出量を把握し、環境負荷の低いリサイクル・資源化技術の研究開発を行う。

知識は最高のツールです担当教員/丸山 純一

農学基礎実習(アグリ系科目)

人間の身体は約37兆個の細胞でできています。体内では、古い細胞が壊され、新しい細胞で常に置き換えられることにより、生命活動が維持されています。この新しい細胞を作るために必要なエネルギーや物質は、毎日の食事から供給されます。一つひとつの細胞の活動がスムーズに休むことなく行われることが、私たちの生命の維持と健康につながります。ですから、私たちは、私たちが食べるものについて、正しい知識を身につけなければなりません。知識は力です。知識は科学的な根拠に基づいた意思決定を可能にします。そして、皆さんの将来を切り開く最高のツールとなるものなのです。

Copyright © Niigata Agro-Food University All Rights Reserved.

ページトップへ戻る